いつか、手が届くと信じて
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
そしてある意味羨ましい
2009-03-28 Sat 00:20
近所の子供がないてます。
大きい声で、ワンワンと。
…泣けて良いな。

最近の合い言葉が。

まだ、笑えるから大丈夫。
精神安定効果があるとしても他者を不安定にさせるなら泣いても無駄だ。
ひきつっても良いから、笑え。
存在を否定されつつある俺に、泣く権利はない。
泣いたら現実が変わる訳じゃないなら、泣かない方がマシだ。
涙を流していいのは、努力している人達だけなんだから、俺は違うだろ?

こんなんだから、何を考えているかわからないって言われるんだよ。
それを伝えるために、努力しても無駄なんだろうね。
通信簿から伸ばすようにと言われた思考力って何ですか?
最近上記を一脱するほどの被害妄想を生み出している僕の一部のことですか?
僕は、もう、いいんだよ。
僕が僕である前に、他者が他者であるべきなんだから。

さあ、口元をあげよう。
ほら、鏡をご覧。
僕は、まだ笑えてる。
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0
BACK | 月明かりの夜 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。